FC2ブログ

京都に行きました 了

京都三日目の最終日。友人は「哲学の道を歩いた事が無いので行きたい」と。で、銀閣寺に向かい…

 銀閣寺①

先ずは銀閣寺を参拝しました。今は修学旅行もグループ行動が多いらしく各グループに案内する人が

 銀閣寺②

付いていたので その説明を小耳に挟みながら銀閣寺の境内を散策しました。でも…もう忘れている。

 哲学の道① 哲学の道②

哲学の道をそぞろ歩き、途中で笹舟を作っていたオジさまと遭遇。笹舟で遊ばせていただきました♪

 狛鼠

歩く途中に狛鼠の大豊神社が在りました。子年の私達には此処は外せませんね。お参りしましたよ。

 若王子神社

熊野若王子神社もお参りしました。友人はお参りした神社仏閣で御朱印をいただくのが一仕事です。

 永観堂傍

紅葉の永観堂は拝観には時間がかかるので側を通るだけにしました。青もみじも綺麗でしょうね…。

 南禅寺

そして終点?の南禅寺です。南禅寺は友人も以前に来て山門にも昇ったそうなので絶景カナ!はパス。

 水路閣

でも、南禅寺に来たら水路閣は寄らないとね。毎日よく歩きました。旅の最終日17,857歩でした。

 インクライン 南禅寺を出て地下鉄の駅まで桜の名所の

蹴上インクラインを歩きました。今は歩く人も少なく緑の中を爽快でした。桜の頃にまた来たいな〜

 インクライン跡

なんて想いながら・・・京都の旅を締めくくり京都駅に向かいました。新幹線で駅弁にビール!で〆
オババの二人旅は無事に終了しました。この次は、オババ四人が揃いますように。皆さん達者でね!
2019-06-16 : 京都府 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

京都に行きました その3

鷹峯には豊臣秀吉によって造られた御土居が二箇所残されています。今回は御土居史跡公園の方に。

 御土居 土塁を上り誰も居ない公園を通り抜け…

 今宮神社①

今宮神社に行きました。此処でも神社の歴史や玉の輿神社と言われるようになった由来など説明を

 今宮神社②

聞いたのですが、右の耳から左の耳に抜けて行きました。。。水曜日だったのであぶり餅のお店が

 今宮神社③

二軒ともお休みだったのが残念!私達は此処でツアーとはお別れして、でランチの後に大徳寺へ。

 大徳寺山門

広い広い大徳寺の境内は何時歩いても心が休まります。数ある塔頭ですが龍源院(今回は写真なし)と

 興臨院①

興臨院だけ拝観しました。禅宗の寺院の造りは何処も同じようですが、其々に特徴が見られますね。

 興臨院②

大徳寺をそこそこに、友人は京都に行ったら今回は二条城に行きたいと。大徳寺からタクシーで…

 二条城二の丸庭園①

二条城は4時までに入らないと観られないから、親切なタクシーの運転手さん「直ぐ二の丸御殿に

 二条城二の丸庭園②

行ってください!」と。滑り込みセーフで二の丸御殿を観て回り閉城の5時迄庭園を散策しました。

 二条城お堀

京都二日目、ババ二人の珍道中は笑い転げながら歩き廻り、夕餉は高瀬川一之入船の小料理屋で🍻
2019-06-14 : 京都府 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

京都に行きました その2

最近は京都の宿泊は洛北の鷹峯の宿です。京都2日目は、鷹峯周辺をガイドさんが案内する散策ツアーに参加しました。今までも何度か訪れていても詳しい事は分からないので、お話が聞けたらと…。

 常照寺 最初に参拝したのは常照寺です。以前は

 常照寺山門

この山門を潜り本堂をお参りしただけでした。吉野太夫所縁のお寺で赤門は吉野太夫の寄進だとか。

 吉野門

鷹峯は本阿弥光悦が徳川家康から拝領して芸術村を築いた地区。常照寺の土地は光悦の寄進でした。

 常照寺本堂

説明を聞いたら少しは詳しい事が解った筈ですが…その時は「ふんふん」でもスッカリ抜けている。。。

 常照寺遺芳庵 常照寺開山廟

吉野太夫が好んだ大丸窓の茶室や鷹峯檀林を開創した日乾上人のお墓など広い境内の一部を散策して

 光悦寺

光悦寺に向かいました。高校の時に美術史で教わった光悦の築いた芸術村の事はその頃から興味が。

 光悦寺山門前 光悦寺鐘楼

当時は辻斬りや追い剥ぎが出た土地に光悦らが移り住み光悦の死後はお寺にしたので現在があると。

 光悦垣

光悦垣は想像が膨らみ最初に観た時は「アラ これだけ?」と思いましたが、来て観る度に奧が深い…。

 光悦寺から②

鷹ヶ峰の先には京都の市内が見えています。今では樹木が大きくなり視界が狭くなっていますが…、

 光悦寺から①

当時は、もっと眺めが良かったのでしょうね。時代と共に景観が変わってしまうのでしょうか。。。
2019-06-12 : 京都府 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

京都に行きました その1

ロス在住の友人が一時帰国するので一緒に京都に行こうと。ところが旅の疲れかロス帰りの友人は体調が優れず行けなくなり、一人分はキャンセルして幼馴染(中学の同級生)と二人旅になりました。

 京都駅 京都駅に降り立ち宿の迎えの時間まで…

 はしたてランチ

駅ビルの「はしたて」で軽くランチ。鯖寿しと鯛茶漬け(写真なし)を頼んで二人でシェアしました。

 智積院

ランチの後は駅から歩ける範囲で行ける処まで。三十三間堂を拝観してから智積院に向かいました。

 智積院名勝庭園①

初参拝の智積院です。収蔵庫に収められた長谷川等伯一門の国宝障壁画を拝観してから名勝庭園へ。

 智積院名勝庭園②

「利休好みの庭」だそうですが、躑躅の花が彩りを添え華やぎを見せた初夏の佇まいの庭園でした。

 智積院奥書院①

奥書院には障壁画を復元した色鮮やかな襖絵が観られました。何の予備知識もなく駅の観光案内所で

 智積院奥書院②

「智積院の躑躅が咲いているでしょう」と勧められて伺って大正解でした。時間があまり無かった…

 智積院奥書院③

ので、金堂や明王殿などをお参りできずに勝手なお参りの仕方でしたが、友人は御朱印帳を持参して

 智積院講堂廊下から

しっかり御朱印をいただいてご満悦でした。三十三間堂に始まり彼女の御朱印帳は今回の京都の旅で

 智積院石庭

幾つ増えたでしょうか。つい「どっこいしょ」「どっこいしょ」とババ友の二人旅は始まりました。
2019-06-10 : 京都府 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

京都でお花見の後に

実相院をお詣りしてお花見をした後には、歩いてすぐ近くに在る岩倉具視幽棲旧宅を訪ねました。

 岩倉具視幽棲旧宅門

岩倉具視は、京都から追放され元治元年〜慶応3年まで約3年間を岩倉で密かに暮らしたそうです。

 岩倉具視幽棲旧宅

明治維新の真っただ中、岩倉具視は此処で密かに坂本龍馬や中岡慎太郎らと語り合っていたそうな。

 岩倉具視幽棲旧宅鄰雲軒
 主屋〔鄰雲軒〕

 岩倉具視幽棲旧宅主屋から庭

 岩倉具視幽棲旧宅付属屋
 付属屋の部屋

 岩倉具視幽棲旧宅庭と遺髪碑

庭には、後々まで具視の遺徳が偲ばれますようにと、遺髪を埋葬した遺髪碑が建立されていました。

     🚶 🚶 🚶 🚶 🚶     🌸 🌸 🌸     🚶 🚶 🚶 🚶 🚶

 石座神社鳥居

お詣りを勧めらた古い神社は岩倉神社かと思っていたら アレ?石座神社(いわくらじんじゃ)でした。

 石座神社①

岩倉具視もしばしば参拝された神社で、岩倉家から寄進された灯籠が残っていると、後から知った…

 石座神社②

その存在を確認できませんでした。桜は散り人影も無く、石段に重なった花弁が淋しそうでした…。

 石座神社狛犬

今回の京都花巡りの旅は、石座神社の狛犬に見送られ…名残惜しく京都駅に向かい…終了しました。
2017-05-01 : 京都府 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

カレンダー

<< 07
2019
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる