FC2ブログ

長府毛利邸

旅の整理も付かぬままに師走に入り早10日が過ぎてしまいました。忘れてしまいそうですが・・・

閉館間際に長府毛利邸まで足を運びました。長府毛利家14代当主の毛利元敏公が建てた邸宅です。
明治31年に起工し明治36年6月2日に完成した後、大正8年まで長府毛利家の邸宅として使用。

 長府毛利邸①

武家屋敷造りの重厚な母屋と白壁に囲まれた日本庭園の妙とパンフレットに。凛とした佇まいです。

 長府毛利邸②

 長府毛利邸⑨

 長府毛利邸③

明治35年11月には明治天皇が熊本で行われた陸軍大演習をご視察の際、ご宿泊されたそうです。

 長府毛利邸⑥

 長府毛利邸⑦

母屋の各所に生けてある野の花は毎日生け替えて生き生きしていました。閉園前にその準備でした。

 長府毛利邸⑤

 長府毛利邸⑧

 長府毛利邸④

茶室 『淵黙庵』がありましたが、こちらは外から眺めるだけで中には入れませんでした。
島根県津和野堀家(現在堀庭園)で明治時代に建てられ、昭和28年に原氏(下関市在住)が譲り受け、平成16年に下関市が寄贈を受けて長府毛利邸に移築・復元された。(パンフレットから抜粋)

 長府毛利邸茶室淵黙庵

やすらぎの場所として公開され意心地の良い邸宅でした。閉園時間まで寛いで見学ができました。

この後は海の見える温泉に入り、フグ尽くしのおもてなしを受けて何とも幸せな1日でした。。。
次の日は呼子でイカを食し、唐津の隆太窯を訪ね山懐の工房でゆったりとした素敵な時間を過ごし
旅の思い出は尽きませんが、身辺慌ただしく収拾が付かなくなりました。これにて納めます。。。
2014-12-11 : 山口県 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

城下町長府

城下町長府を散策しながら主だった処を案内していただきました。情緒ある落ち着いた街並みです。

 城下町長府① 白壁に石畳の道。静かに時が流れ・・・

 城下町長府②

道行く人は少なく川には鴨が群れて居ました。飛蛍橋も渡りました。季節には蛍が飛ぶのでしょう。

高杉晋作が伊藤俊輔(博文)らを率いて 功山寺 高杉晋作像
挙兵した功山寺をお参りしました。山門は覆われて改修中でしたが境内は紅葉に彩られていました。

 功山寺仏殿

 功山寺①

 功山寺②

鎌倉時代に創建、国宝に指定されている功山寺の仏殿を後にして。。。次は、またつづきで。。。
2014-12-08 : 山口県 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

雨の中を縫って・・・

真っ黄色に染まった神宮外苑の銀杏並木は忽ち散っています。師走を迎え慌ただしくなりました。

11月の末に北九州に出かけて下関・唐津・長崎と足を伸ばし雨の合間を縫って動き回りました。
関門トンネルは工事中で通行止め。雨に煙る関門橋を渡りました。門司と下関って近いんですね。

 関門橋

安徳天皇が祀られている赤間神社を参拝し、平家一門のお墓や耳なし芳一の像もお参りしました。

 赤間神社

下関には史跡が沢山ありますね。小倉に住む夫の友人ご夫妻が案内してくださいました。日清講和記念館を見学して城下町長府に向かいました。長府庭園では思いがけなく紅葉狩りができました。

 長府庭園①

 長府庭園2014/11/28

 長府庭園②

 長府庭園③

歩調を合わせていると落ち着いて写真を撮ることは出来ず取り残しがあります。それでも・・・
写真の整理が追いつきません。長府庭園で撮った写真は*おちこち*の方にも載せています。
城下町長府を散策して長府藩侍屋敷長屋を見てまだまだ歩きました。。。それはつづきで。。。
2014-12-04 : 山口県 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム

カレンダー

<< 07
2019
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる