京都に行きました 『夜の祇園』

お宿で一休みしてから、祇園にでかけました。八坂神社を通り抜け祇園をぶらぶら歩き、ぎおん 佐藤 へ。
 八坂神社

 八坂神社

 ぎおん佐藤

私は、初めて入るお店なのでカメラも出さず お行儀良くしていようと思っていましたが「写真撮って良いですか?」
 ぎおん佐藤
この秋の彩を供されたら思わず伺っていました。この前にゴマ豆腐・蒸し鮑の突出しと鯛・細魚・鰹のお造りが。

 ぎおん佐藤
おまかせ料理(私↑)の〆は小さな握り寿司が7貫。夫はお好みで別メニューを、〆はまる鍋の雑炊(↓)でした。

 まる鍋雑炊

中秋の雲が薄く掛かった月明りに心地良く酔いが廻り、祇園の趣ある街並の佇まいがより素敵に映りました。
2012-10-31 : お出掛け : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

京都に行きました 『哲学の道』

銀閣寺から哲学の道を歩きました。

 哲学の道哲学の道
 芙蓉山茶花

 哲学の道

 哲学の道

 叶匠寿庵
先行く彼を呼び止めて「御薄を戴きませんか」 叶匠寿庵
「今お茶したら今夜のお酒に差し支える」と、あっけなく拒否されてしまいました。残念・・・せめて写真だけ。。。

 哲学の道

「哲学の道を歩いてみよう」と言ったのも、お酒とお料理を美味しく戴くための序章に過ぎなかったのでしょう。。。
2012-10-30 : お出掛け : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

京都に行きました 『銀閣寺』

秋の気まぐれ天気に、気まぐれ亭主のお供をして京都に行って来ました。新幹線に乗ってから何処に行こうか・・・
お宿と夜のお食事だけは予約してありましたが、他は気の向くまま足の向くまま・・・30歩下がって散策です。

 ginkakuji4330.jpg
「銀閣寺に行ってみよう」 汗ばむ程の陽気に京都は何処も人人人・・・ 銀閣寺の門前は少し秋色に染まって。。。

 銀閣寺

 銀閣寺

 銀閣寺
 
 銀閣寺
銀閣寺の境内も人人人・・・ 先行く人を直ぐに見失いました。それでも出口辺りで同じ時間にたどり着きました。

他にも写真を撮りましたので*おちこち*にも載せていきたいと思います。銀閣寺を後に哲学の道へ続きます。。。
2012-10-29 : お出掛け : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

旅の〆に

食いしん坊のお供で京都に行って来ました。今夜の夕餉は帰りの新幹線で・・・和久傳鯛ちらしを戴きました。
 和久傳 鯛ちらし

「美味しさの宝石箱や~~~!」なんて何方かの言葉を真似したくなるくらい美味しさがギッシリ詰まっていました。
 和久傳 鯛ちらし

本当はデザートに麩嘉の麩まんじゅうもJR京都伊勢丹の地下で買うつもりでしたが売り切れて買えませんでした。
 麩嘉 麩まんじゅう栗麩嘉 麩まんじゅう栗
でも錦市場の麩嘉のお店で一休みして季節の栗入りの麩まんじゅうを戴いていました。今回はそれで良し。。。
2012-10-28 : グルメ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

母 91歳

寒さを覚えるこの頃です。昨日は母の91歳の誕生日でした。施設にお世話になって2回目の誕生日を迎えました。
 母91歳

施設で、お茶の時間に誕生祝をしてくださいました。皆さんと一緒に賑やかに誕生日を迎えられて良かった・・・・・。
 母91歳
独りで頑張ってきた母が独り暮らしが辛くなり自らの選択で施設に入りました。施設にお世話になり母は不安も無くなり穏やかな日々を過ごせる事に感謝して何の不足不満を言う事は決してありません。

その母の言動に救われている私です。義父母を見送ってからは、夫からも母に尽くすようにと言ってもらい里帰りして母との時間を持てるようになりました。それでも・・・・・

「お母さん お誕生日おめでとう」「何も要らないからね。置いていかないでよ」「庭の花だけお部屋に飾ってくるね」
 母の庭から
「紫苑とホトトギスが咲いていたから、お母さんが作った建水に挿しておくね。剣山が見つからなかったの・・・」

皆さんに囲まれてお祝いをしていただいている母を見ていたら・・・突然涙が溢れだし其処に居られませんでした。誕生日に家族も集まってやれないのに・・・・・こんなに賑やかにお祝いしていただいて・・・ありがとうございます。
2012-10-26 : 母の事 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

カレンダー

<< 10
2012
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる