冬籠り

雪国の人たちのご苦労を考えると恥ずかしくなってしまう程ぬるま湯に浸かったような生活を送っていますが、冬になると気持ちも身体も動きが鈍くなり冬籠りしたい気分に陥ってしまいます。冬季ウツの傾向にあります。

それでも、誘われれば断る理由も無いので出掛けました。寒くても雪は好きなので銀世界に憧れています。
 女峰山

北から降りてくる車は屋根に雪を載せて運んでいました。スキーを載せタイヤチェーンを巻いて・・・想い出します。
 日光道

スノーボードを載せた車には稀に会いますがスキーは全然見かけなくなりました。冬の風物詩だったのに・・・。
 男体山

雪を見に出掛けたり雪と戯れたりすることも無くなりました。 今は、じーっと冬籠りしていたい心境です。。。
 あさや

2013-01-30 : 生活 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

伊勢湾クルージング

お伊勢さんをお参りして帰りには、鳥羽港から伊良湖港までフェリーで渡りました。穏やかな伊勢湾でした。

 伊勢湾クルーズ

 伊勢湾

 伊勢湾フェリー

お伊勢参りのバスの旅も少し窮屈なバスの中からゆったりフェリーでお弁当を広げ海を眺めて~~~小一時間のクルージング。
気ままなおまかせの旅は制約はありましたが、それなりに気楽で楽しい二日間の伊勢参りバスの小旅行でした。

続きを読む

2013-01-24 : お出掛け : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

おかげ横丁

お伊勢さんをお参りしたら、おかげ横丁に繰り出しました。去年伊勢海老を焼いていたオジサンを一番先に探しましたが・・・残念な事に姿が見えませんでした。そしてもう一つ気になっていたのが入口に飾ってあるしめ縄です。

一般の家庭の玄関にも同じ形のしめ縄がみられました。其々のお店でお札に書かれた文字が異なっていました。
 しめ縄

お伊勢参りの帰りの定番の赤福ふくすけ伊勢うどん。そして豚捨コロッケと一通りカルク戴きました。
 おかげ横丁

お昼の時間には少し早かったので豚捨の牛丼をテイクアウト。(千円の牛丼に期待して・・・伊勢湾クルーズの船上で戴いたのですが・・・お肉がちょっと硬かった・・・)
おかげ横丁の建物はレトロ感が溢れ 人混みの中でも落ち着いた佇まいに癒され雰囲気が好きな居場所でした。
2013-01-23 : お出掛け : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

式年遷宮

今年は伊勢神宮の六十二回目の式年遷宮(二十年に一度の大祭)の年で秋には新殿への遷御の儀を迎えます。
八年間にわたり三十におよぶ祭典・行事が行われるそうです。外宮は奥に内宮は手前に新殿が囲われています。

 伊勢神宮外宮正宮

外宮も内宮も正宮の神様の前では写真が撮れません。内宮は石段の下からは撮影ができます。大勢の参拝者。
 伊勢神宮内宮正宮

お参りした後は隣の白く囲われた新殿の前を通って参拝者は石段を下りてきました。来年は新殿にお参りです。
 内宮正宮新殿

外宮の多賀宮の隣にも囲いの中では新しいお宮の準備がされているようです。順次全てが一新されます。
 外宮多賀宮

全てのお宮の隣には建て替え用の同じ敷地があり、そこには小さな祠が建ててあります。神が宿って居そうです。
 外宮風宮祠

式年遷宮で、これから益々参拝者が増えるのでしょうね。次の遷宮は二十年後です。生きているでしょうか私。
2013-01-22 : お出掛け : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

おみやげ

18日19日とバスツアーに参加してお伊勢参りをしてきました。1日目に外宮を次の日に内宮を参拝しました。

おみやげの始まりは伊勢参りをして神宮で受けたお札などの宮下だったと案内の方が教えてくださいました。
 伊勢宮下

そして、おかげ横丁で買うおみやげなど土地の産物がお土産になったそうです。 お宮下とお土産で帰りの
 伊勢土産

荷物が少し膨らみました。 団体行動で制約があり思うように動けないのが難でしたが…初詣ができました。
2013-01-21 : お出掛け : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

カレンダー

<< 01
2013
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる