シロと思って・・・

まだ五月だというのに、関東地方も今日梅雨入りしましたね。「雨降るのかしら」と思いながら出掛けました。

母に会っておしゃべりをして部屋を出てきたら「降っている!」仕方がない予定変更。それでもシランだけは
今日写さないと来週になったらもうお花は終わってしまうだろうと、先日見つけたピンクのシランに逢いに・・・

 口紅シラン①

淡いピンクの花弁の口紅シラン(肉眼ではもう少しピンクに見えます)雨に打たれてうつむき加減のお花です。

 口紅シラン②

傘を置いて下からお花を覗きこみ やっとの思いで写しました。ピンクのシランに心躍らされ雨も何の其の。

 口紅シラン③

先週母に会った帰りに実家に寄って庭のシロバナシランを撮りました。そして*おちこち*に載せました。
そのシランは白い花びらの口紅シランだと思っていました。昨年も今年も白いシランと思っていました。。。

ところが、ピンクのお花を撮ってから庭に帰って見ると、何と!「同じ色してる。ピンクだ!!!」 ???
2013-05-29 : 植物 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

掘り出し物? つづき

昨日は燃えるごみの収集日です。先日 実家から持ち帰った古い写真と手紙等を処分しようとまだ開けて無かった袋の中を開けて見ると写真在中と書かれた少し大きめの封筒がありました。中に謎解きの手紙が・・・

そして他にもその時の旅行の予定表や他の写真、巡り歩いた所のリーフレット等、覚えて無い物がザクザク。

 バスツアー写真の袋

三人で行った北陸旅行の最初の日にバスツアーに参加していました。あの写真はその時の同乗者達でした。

旅行の計画をアナタ任せで付いて行った私は回ったところも忘れている所が多々あります。東尋坊や永平寺へ行った記憶は有るのですが、それがツアーだった事は忘れて三人で回ったとばかり思っていました。

 バスツアー記念写真

あの写真を送ってくださった封筒にお手紙と別の私達三人の写真も入っていました。お手紙によると一緒に映っていた方々は上田市諏訪形の工務店の協力会の職人さん達で独立営業の店主の皆さんという事でした。

手紙はその幹事さんからで、先にバスを降りた際に上着を置き忘れたのを私達が気付き、とっさに車窓から差し出したそうです。ポケットに全員の切符やクーポン券が入っていたとか、その時のお礼も書いてありました。

そしてツアー中は最後まで謎にしていた皆さんの職業を明かされて説明の図(↓)も一緒に入っていました。

 写真の説明

そうそう能登半島をバスに乗って廻った事は覚えています。そして其々のお宿近くでバスを降りられて私達は終点に近い宿だったので最後まで残っていました。そしてガイドさんが月のお休みでオジサンのガイドでした。

袋から取り出す度に懐かしさが蘇り、思い出さない物もたくさん出てきました。全部捨てようと思っていたのに・・・少しずつ想い出が繋がり始め・・・また取り合えす箱に仕舞って・・・どうしよう、また捨てられない。。。

先日寄った親戚の家で、亡くなったお祖母さんの写真の処分に困ったと、「だから私たちは写真をもう撮らない」と話しているのを思い出しました。
2013-05-28 : 生活 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

掘り出し物?

日に日に変わる温度差に頭も身体もついて行けないこの頃の陽気です。 もう紫陽花が咲いていました。

 アジサイ2013/5/25

昨日は母に会ってきました。帰りに実家に寄りました。先日、兄から「fumiの物が二階にあるから・・・」と言われていたので整理をしに。嘗ての私の部屋は今は母の物置と思っていましたが、ありました私の忘れ物。

埃を被った箱の中に昔の手紙や写真が。忘れていた ず~~~っと昔のあんな事こんな事。大阪城の前で写した高校の修学旅行の集合写真。友達からの手紙。見ていたらその時の事が蘇ってきました。でも その中に

 古写真①

どうしても思い出せない写真がありました。写っているのは確かに私達うら若き三人娘。でも後ろの男性陣は知らない人達ばかり。何処で何時撮ったのか、何故この写真があるのか???思い出せません。。。

古写真②

そして、もう一枚。それは父の写真です。父のアルバムから私が剥がしたのでしょう。覚えていないのですが。
榾木を持っているのが父です。父は私が四歳になって間もなく亡くなりました。父の記憶は微かなので、父の面影を求めてきっとこの写真を抜き取ったのでしょう。父は戦前まで教員でした。新米先生の頃でしょうか。

 里の花2013/5/24

今となっては取って置いても仕方がない物ばかりでしたが、一瞬に四十年以上も前に戻って懐かしい想い出に浸り、この部屋でも良くこの三人で集まってゲラゲラ笑っていたな~なんて。それにしても思い出せない。
今年の同窓会には皆が集まるそうだから、この写真を持って行こう。覚えているかな彼女たち。
2013-05-25 : 生活 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

目には青葉

目には青葉 山ではホトトギスではなくてウグイスが鳴いていました。夕餉に初鰹も戴きました。
昨日はゴルフ場で夫を降ろし迎えに行くまでの数時間を田舎で用事を足しながら緑の里山を走り抜けて・・・

 市貝町芝ざくら公園②

ゴルフ場近くの芝ざくら公園に行ってみました。芝ざくらまつりは終わっているとは聞いていたのですが・・・

 市貝町芝ざくら公園④

お花は ほんの少し残っているだけですっかり終わっていました。遠くに藤棚が見えたので行ってみました。

 市貝町芝ざくら公園③

藤の花もそろそろ終わりです。静かな山の中に小鳥のさえずりだけが遠くから近くから聞こえていました。

 市貝町芝ざくら公園①

芝ざくら公園からはナビを頼りに初めて通る近道を走ってみました。緑のトンネルを貫けて山道を下りました。

田舎の家の用事を済ませて、丁度知り合いの陶芸家ご夫妻が陶芸展を開催中でしたので益子に行きました。

 2013/5/18

途中で甘いトマト(美味しい印の筋が見えるでしょう)を作っている農家でトマトを買いました。ランチは益子の明水さんでぶっかけ蕎麦を戴きました。益子で時間を潰しているうちに約束の迎えの時間になりました。

目には青葉を映し、小鳥の声を聴き、お腹には美味しいお蕎麦を入れ、爽やかな風と走った私の休日でした。

続きを読む

2013-05-19 : お出掛け : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

会津の旅2日目

沖縄ではもう梅雨入りとか、5月も既に半ば急に暑くなり身体も頭もついて行けなくなりそうなこの頃です。

会津を訪れてから半月が過ぎ旅の記憶も色あせてきそうですが、思い出しながら写真と頭の整理までに。
宿を後に2日目は、山ブドウの編み組細工の工房や工芸館を訪ねて奥会津の三島町へ車を走らせました。

 磐梯山

間方に山ブドウの細工をしている人たちが居ると伺い山の奥に ドンドン入って行きました。雪が残り遅い春。

 三島町

やっとたどり着いた工房の中では師匠とお弟子さんが作業の最中でした。突然伺ったにも拘わらず親切に・・・

 工房間方

快く迎え入れてくださいました。ただ、6月の町のお祭りで売り出すための作品準備で私が欲しい籠は譲っていただけませんでした。夫はお気に入りが見つかりご満悦。目の前でストラップまで作ってくださいました。

 工房間方菅家氏

三島町の生活工芸館にも行ってみましたが訪れる人も少なく、前の美術館(?)は閉まり閑散としていました。

 三島町生活工芸館前

沿道には山野草が咲いているのが見えました。山から下り磐梯山を眺めながら会津の地を後にしました。

続きを読む

2013-05-15 : お出掛け : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

カレンダー

<< 05
2013
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる