雨女 那須へ行く

関東地方も梅雨明けしましたのに昨朝も那須は小雨が降りました。 怠け病に陥っておりましたが…

 那須にて2016.7.28

亭主元気で留守中につき、一昨日から那須へ正気を養いに…。先ずは那須平成の森に行きました。

 那須平成の森①

天皇皇后両陛下がお帰りになられるところで警察官に車を止められ、車中からお見送りをしました。

 那須平成の森②

今回は駒止の滝へ行こうと。ところが曇天からパラパラと落ちてきました。予定変更で森の小径に。

 那須平成の森にてオカトラノオ

お花は少なかったです。咲いていたのはオカトラノオ↑やノリウツギ↓など白いお花が爽やかに。
 
 那須平成の森にてノリウツギ

そして、一番咲いていたのはエゾアジサイ↓でした。那須高原はお花の時期が少し遅いようです。

 那須平成の森にてエゾアジサイ③

 那須平成の森にてエゾアジサイ①

 那須平成の森にてエゾアジサイ②

 那須平成森にてタマガワホトトギス

初めましての黄色いホトトギスはタマガワホトトギス↑というそうです。時々降る雨に急がされ、

 那須平成の森③

那須平成の森を後にしました。   ・・・那須散策は続きます・・・
2016-07-29 : お出掛け : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

雨女 鬼怒川へ行く

梅雨時なので雨は覚悟の上で予約していました。身体と心に溜まった垢を落としに鬼怒川温泉へ。

 窓越しに①

それにしても途中は雨女を歓迎しているかのような土砂降りでワイパーフル稼働。お宿に着いても

 窓越しに②

外には出られず、眼下の渓流を見に行く事はできませんでした。お愉しみは、温泉と夕餉のひと時。

 ワインを愉しむ会② ワインを愉しむ会①

ウエルカムで供されたのは、発泡ワイン カボション フランチャコルタ ミレジマート 2011でした。

 ワインを愉しむ会 アンティパスト

イタリアンにイタリアのワイン。アンティパスト↑に微泡のランブルスコ アンチェストラーレ 2012

 ワインを愉しむ会 リゾット お料理に合わせた美味しいワインで…

 魚介類のリゾット↑に、白のマリン ランゲ・ビアンコ 2010 口直し↓(白ワインのブラニュータ)

 ワインを愉しむ会 魚料理 ワインを愉しむ会 口直し

魚料理↑(白身魚のジェノベーゼ)には、白のサンクト ヴァレンティン ソーヴィニョン 2014

  ワインを愉しむ会 肉料理 ワインを愉しむ会 ドルチェ

肉料理↑(パンチェッタで巻いた牛フィレ肉のロースト)赤 アマローネ ヴァルパンティーナ 2011
説明をお聞きしても何も分からない私達でしたが、全てのワインとお料理がブォーノ!!!でした。

 紫陽花

帰る日は雨は上がり曇り空で一安心。同行した従妹を送り、田舎に行って用事を済ませ、叔母のお見舞い、実家の工事状況を見て従兄に挨拶をし、雨女のお出かけは安全運転で無事に帰宅しました。
2016-07-17 : お出掛け : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

いざ鎌倉!《円覚寺へ》

今は昔、横浜に数年住んで居ましたので大好きな鎌倉には時々行っておりました。円覚寺と建長寺はお参りしているのですが、記憶が曖昧で大きな寺院の印象がごちゃ混ぜになっていました。

 円覚寺 総門

今回は建長寺までは行く時間がありませんでしたので、北鎌倉駅に近い円覚寺をお参りしました。

 円覚寺 山門

緑に覆われる石段を上がり総門を潜り山門から仏殿まで続く参道を歩くだけで身が引き締まります。

 円覚寺 山門から

このように 生まれてきて  このように 生かされて  いま 生きている  これこそ 仏心
如来 無量の いのち  ありがたく 手を合わす    (臨済宗・円覚寺派本山の案内書から)
 
 円覚寺境内にてアジサイ①

谷戸に建つ円覚寺の境内は高低差があり涼しいのでしょうか。初々しいアジサイも見られました。

 円覚寺 居士林

居士林↑ 在家修行者のための専門道場です。「居士」とは一般在家の禅の修行者を指します。

 円覚寺 舎利殿

舎利殿(国宝)↑ 国宝は他にも洪鐘(おおがね)がありましたが高い石段の上なので諦めました。

 円覚寺境内①

大方丈の中では一休みしながらお庭を拝見したり、円覚寺の四季を通した紹介のビデオを見ました。

 円覚寺境内キキョウ

円覚寺の境内にはたくさんの塔頭があり、お茶を飲める庵もありましたが時間が無いので素通り…。

 円覚寺境内にてアジサイ②

梅雨の合間に訪れる人は程々で、緑陰に静寂でゆったりと心地よい時間が流れていきました。。。

 円覚寺山門

北鎌倉での半日は仏さまのお導きだったのでしょうか。。。日日是好日でした。。。おしまい。
2016-07-12 : お出掛け : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

いざ鎌倉!《明月院へ》

押すな押すなの混雑を考えると足が遠のいていた明月院でした。でも、ピークは過ぎたでしょうか。

 明月院アジサイ①

期待した明月院ブルーも終盤を迎え色の冴えが落ちている感じでした。それでも訪れる人の波は続き

 明月院丸窓

人影を入れずに撮ることはできません。。。この時期(時間)は、部屋の中からの撮影が禁止でした。

 明月院奥庭

緑に染まった本堂後庭園だけは静かな佇まいが奥深く広がり、心に安らぎを与えてくれていました。

 明月院にてリス

小鳥の餌場にはリスがいました。リスにも餌付けがされているのでしょうか。小鳥は撮れなかった。

 明月院アジサイ②

そろそろ帰りの電車の時間を気にしながら、もう一箇所お参りしていくことに。。。つづく。。。
2016-07-10 : お出掛け : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

いざ鎌倉!《東慶寺へ》

身も心も満たされて向かったのは東慶寺。 東慶寺①

 東慶寺本堂

東慶寺をお参りするのも鉢の木に行った時以来です。あの頃は「駆け込み寺」と言われていました。

 東慶寺②

覚えているのは、菖蒲田に水が張られ菖蒲の花が綺麗に咲いていたこと。それと高見順氏の墓前に、

 東慶寺③

火を点けたタバコが何本も供えられ煙が上がっていたのが印象的でした。でも、あの時の面影は無く

 東慶寺鐘楼

思い出すことが出来ない程に変わっていました。「今年は何の花も10日位咲くのが早い」と庭師。

 東慶寺にてハンゲショウ

嘗て見た菖蒲田辺りでしょうか、ハンゲショウが真っ白に見えていました。半夏生の三日前でした。

 東慶寺④

北鎌倉に行ってみようと思ったのは、aunt carrot さまの東慶寺のイワタバコの花の写真を思い出し

 東慶寺⑤

もしかしたらイワタバコの花が見られるかなと。時すでに遅し!お花はすっかり終わっていました。
東慶寺のリーフレットによると、花菖蒲・岩タバコ・岩ガラミの花が咲くのは6月初旬でした。

 東慶寺にてネジバナ 境内は静まり返りネジバナがひっそり。

 東慶寺にてキキョウ

白いキキョウも見られました。イワタバコは来年にお預けです。でも行って好かった東慶寺でした。

 東慶寺⑥

そして、次に向かったのも東慶寺と鉢の木と幼馴染と一緒に歩いた時以来の所です。。。つづく。 
2016-07-08 : お出掛け : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

カレンダー

<< 07
2016
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる