京都 初秋の旅 上賀茂神社

世界文化遺産 上賀茂神社は、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)が祀られています。

 上賀茂神社 鳥居

10月25日には天皇・皇后両陛下が上賀茂神社と下鴨神社をお参りされたようです。以前から私も、

 上賀茂神社 手水舎

両神社をお参りしたいと思っていました。そんな矢先、芸能人が華やかに結婚式を挙げているのを

 上賀茂神社 細殿・立砂

テレビで見ました。結婚式は普通は細殿↑で挙げるそうですが、歌舞伎役者は本殿で挙げたとか…。

 上賀茂神社 楼門

本殿特別拝観を申し込み、普段入ることができなかった本殿(国宝)へ神職さまに案内されました。

 上賀茂神社 境内

直会殿から先は写真撮影ができません。お祓いを受けてから本殿権殿の前に上り参拝しました。

 上賀茂神社 ならの小川

嘗ては、本殿には庶民は入れなかったそうですが、時代が変わり特別拝観ができるようになって…

 上賀茂神社 楼門と玉橋

良かったのでしょうか。。。境内を流れるならの小川のお話も伺ったのですが、忘れてしました。

 上賀茂神社 ならの小川と玉橋

この清流の先に社家と呼ばれる石橋と土塀で囲まれたお屋敷が並んでいるそうです。でも上賀茂神社の近くに何か有ると思いながら、慌てて出掛けその存在を忘れ、見ないで戻ってきてしまいました。

 上賀茂神社にて

お札を受けてきましたので、願いが叶った暁にはお礼参りに来られますように!その時は社家にも。
2016-10-31 : お出掛け : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

京都 初秋の旅 東福寺 了

東福寺は、鎌倉時代の摂政関白・藤原(九条)道家が、奈良の東大寺の””と興福寺の””の二文字をとり九条家の菩提寺として1236年から19年の歳月をかけて都最大の大伽藍を建立したそうです。

 東福寺三門

室町時代初期にに再建された三門は、禅宗寺院の巨大三門として現存最古最大のもので国宝です。

 東福寺本堂

明治14年12月に焼失した本堂(仏殿兼法堂)は大正6年に再建を着工、昭和9年に落成しました。

 東福寺庫裡

明治14年の火災で焼失し明治23年に再建された庫裡から本坊庭園「八相の庭」を拝観しました。

 東福寺方丈東庭園

庫裡と方丈を結ぶ渡廊下から見える東庭の円柱は北斗七星を表しているとか。写し足りなかった…。

 東福寺方丈南庭園①

そして反対側には、方丈の南庭が広がっていました。方丈には東西南北に四庭が配されています。

 東福寺方丈南庭園②

作庭家・重森三玲(1896-1975)によって昭和14年に完成。南庭は石組みの神仙島と苔山の京都五山。

 東福寺方丈南庭園③

鎌倉時代庭園の質実剛健な風格を基調に、現代芸術の抽象的構成を取り入れた近代禅宗庭園です。

 東福寺方丈西庭園

西庭の大市松模様「井田の庭」は、日本古来から伝えられてきた伝統的な市松模様になっています。

 東福寺方丈北庭園①

勅使門から方丈に向けて敷きつめられていた切石を再利用して小市松模様にしてできあがった北庭

 東福寺方丈北庭園②

作庭にあたり唯一の条件が、本坊内にあった材料は、すべて廃棄せず、もう一度再利用することで、禅の教えである「一切の無駄をしてはならない」から提示されたそうです。

東福寺は他に禅堂や浴室・東司など災禍を免れた重要文化財など観きれませんでした。これにて

続きを読む

2016-10-29 : お出掛け : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

京都 初秋の旅 東福寺 その2

京都に行ったのは10月19日です。京都駅から奈良線で一駅の東福寺です。新緑も好いだろうな〜。

 東福寺洗玉潤

通天橋から渓谷・洗玉潤の流れる庭園に降りて行きました。

 洗玉潤

まだ青紅葉が多かったですが、ここが紅に染められるのでしょうね。。。

 通天橋から臥雲橋を望む

洗玉潤の流れは、来るときに通った臥雲橋の下に続いています。

 通天橋を仰ぐ

見上げれば、通天橋が、下には臥雲橋が望めます。

 IMG_2648.jpg

苔に覆われた庭園を散策。落ち葉の模様が綺麗でした。。。

 通天橋と洗玉潤

上からの眺めも絶景でしたが、通天橋を見上げてもまた好し!

 通天橋下

通天橋の橋脚を見ていたら清水の舞台を思い出しました。

 通天橋への石段

お庭を散策した後に石段を上り、再び通天橋まで。

 通天橋再び

名残惜しく通天橋から、今歩いてきた庭園を見下ろして・・・

 通天橋から臥雲橋を再び

紅葉したら・・・新緑の時は・・・と想像しながら・・・通天橋を後に、東福寺は続きます。。。
2016-10-27 : お出掛け : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

京都 初秋の旅 東福寺 その1

 東福寺石塔 紅葉には未だ早い京都でしたが。。。

 東福寺への道

初めて訪れた所なのに何故か直ぐに気持ちが安らぎ心の古里に帰って来たような感覚になりました。

 東福寺通天橋から臥雲橋

東福寺通天橋からの眺めは京都を代表する紅葉の名所だそうですが…、色付き始まったばかり。

 東福寺通天橋

本堂をお参りする前に人の流れに乗って通天橋を渡りました。その先は開山堂に繋がっていました。

 東福寺開山堂
 開山堂

 東福寺普門院前庭

 東福寺開山堂前
 開山堂の前の庭園は江戸中期の名園とか

 東福寺通天橋下り

京都五山の規模の大きさ美しさには何の寺院を訪れても驚くばかりでしたが、東福寺も其れに違わず

 東福寺庭園

何処からの眺めも素晴らしく、建造物は凛として美しく、日本人の美意識の高さを再認識しました。

 東福寺で

綺麗だな〜!素敵だな〜と手当たり次第に写真を撮りました。一回で収まりませんので次にします。
2016-10-25 : お出掛け : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

京都 餅の旅

田舎の片付けがひと段落し、夫は10日間の出張です。で、私は羽を伸ばして京都に行ってきました。
今回は、以前から気になっていても行ったことがない所に一人でのん〜びりと歩き回った旅でした。

 今宮神社 拝殿

今宮神社は宿から近いので一度はお参りしたいと思っていましたが、別名「玉の輿神社」ですから…

 今宮神社 楼門

今更参拝しても間に合いませんので。。。でも、食いしん坊の私には不純な目的が他にありました。

 いち和

平安時代から今宮神社の参道で続けている一文字屋和輔(いち和)あぶり餅をいただくことです。

 いち和のあぶり餅

これで一人前。程良く焼いた小さな柔らかいお餅に白味噌の甘だれが絡み何とも優しいお味でした。

 御土居  そして、気になっていた御土居って?

車で通る度に何だろうと、調べて初めて知りました。御土居を見るには前の和菓子屋さんから🔑を

 御土居を横から

借りてフェンスの中に入りました。土塁の上にも登れました。豊臣秀吉の時代からの史跡に足を入れ

 御土居の上から

その場に立ち歴史を身近に肌で感じられたような何とも不思議な感覚になり改めて京都は凄い!と。

 御土居の説明

クリックすると大きな画像↑になります。鍵を預かる光悦堂さんは木曜が定休日でしたので次の日に

 光悦堂

行ってきました。そして御土居を見学したら御土居餅は外せませんよね。勿論買って帰りました。

 御土居餅

羽二重餅に小豆を包みきな粉を振りかけ、あたかも小さな土塁に見せかけ美味しく作り上げたとか。

続きを読む

2016-10-23 : グルメ : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

カレンダー

<< 10
2016
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる