FC2ブログ

京都の思い出 京都府立陶板名画の庭

京都植物園の隣に京都府立陶板名画の庭があります。一度植物園を出て陶板名画の庭に行きました。

 京都府立陶板名画の庭

徳島の大塚美術館には遠く及びませんが、それなりに愉しめる美術館でした。安藤忠雄氏設計です。

 京都府立陶板名画の庭 睡蓮・朝

モネの「睡蓮・朝」が入ると直ぐの池の中に。陶板ならではの野外での展示が愉しめる施設でした。

 京都府立陶板名画の庭 鳥獣戯画① 京都府立陶板名画の庭 鳥獣戯画②
 京都府立陶板名画の庭 鳥獣戯画③ 京都府立陶板名画の庭 鳥獣戯画④

東京国立博物館で観た鳥獣戯画でしたが、盛況で人の頭を見てきた感じでした。此処ではゆっくり♪

 京都府立陶板名画の庭 鳥獣戯画

原寸より縦横約2倍に拡大しているそうです。来年の干支の牛を見つけました。年賀状に使えそう。

 京都府立陶板名画の庭 清明上河図

「鳥獣人物戯画」と台湾の故宮博物院蔵の「清明上河図」はスロープの廊下に展示されていました。

 京都府立陶板名画の庭 最後の晩餐

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」ほぼ原寸大。大塚美術館で修復前と後の両方を観ました。

 京都府立陶板名画の庭①

美術館では無く名画の庭なんですね。一方通行の施設を歩きながら多方からの鑑賞が面白かった。

 京都府立陶板名画の庭 最後の審判①

ミケランジェロ作「最後の審判」もほぼ原寸大で上の通路からでは下を覗き込まないと見えません。

下に廻って眺めると全体が見えました。 京都府立陶板名画の庭 最後の審判②

 京都府立陶板名画の庭 テラスにて

ルノアール「テラスにて」とゴッフォ「糸杉と星の道」はガラス越しに観るので横から撮りました。

 京都府立陶板名画の庭 日曜日の午後

スーラの「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後」はゴッフォとルノアールと並んで展示されています。

 京都府立陶板名画の庭②

庭という感じでは無かったですが普段は観られない名画を愉しんで…♪ 再び植物園の庭園を散策に。
2020-06-27 : 京都府 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは。
京都にこういう場所があるんですね。
陶板の絵画というと、徳島の大塚美術館を大塚も思い浮かべますが、大塚美術館には行ったことがないです。
陶板で綺麗に再現できるものですね。
2020-06-27 15:47 : 静 URL : 編集
陶板名画の庭
植物園のお隣に陶板名画の庭があるのですね。
建物の他にもお庭もあるのでしょうか。
入口に飾られているハンギングフラワーも綺麗ですね。
モネの睡蓮が水の中にあったり、
鳥獣戯画がこんな風にしてみられるなんて
おもしろいですね。
2020-06-27 17:39 : やっこ URL : 編集
Re: こんにちは。
i-260 静 さま
こんばんは
コメントありがとうございました。

大塚美術館は1日では見切れないくらい大規模な美術館ですが、こちらは
其れと比べたらこぢんまりとしていますから気軽に観られて、植物園から
の延長のようなもので面白かったです。陶板画の製作は大塚美術館と同じ
大塚オーミ陶業(株)のようです。
陶板ですから直接観られて写真も撮れるのが嬉しいです。見学者も少なく
ゆっくり観られました。
2020-06-27 21:15 : fumi URL : 編集
Re: 陶板名画の庭
i-260 やっこ さま
こんばんは
コメントありがとうございました。

建物は青天井ですから名画の陶板を展示してある建物も含めて全体を庭に
見立てているのかと思います。建物の枠?から見えていたのは多分植物園
の樹々だったと思います。
植物園に行かれたら興味がお有りでしたらお立ち寄られたら面白いと思い
ます。因みに入園料は100円です。私は高齢者なので植物園も名画の庭も
無料でした。入場料を払ってでも若返りたいこの頃です。。。
2020-06-27 21:23 : fumi URL : 編集
« next  ホーム  prev »

カレンダー

<< 08
2020
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

Graphical Clock 黒板

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる