FC2ブログ

長府毛利邸

旅の整理も付かぬままに師走に入り早10日が過ぎてしまいました。忘れてしまいそうですが・・・

閉館間際に長府毛利邸まで足を運びました。長府毛利家14代当主の毛利元敏公が建てた邸宅です。
明治31年に起工し明治36年6月2日に完成した後、大正8年まで長府毛利家の邸宅として使用。

 長府毛利邸①

武家屋敷造りの重厚な母屋と白壁に囲まれた日本庭園の妙とパンフレットに。凛とした佇まいです。

 長府毛利邸②

 長府毛利邸⑨

 長府毛利邸③

明治35年11月には明治天皇が熊本で行われた陸軍大演習をご視察の際、ご宿泊されたそうです。

 長府毛利邸⑥

 長府毛利邸⑦

母屋の各所に生けてある野の花は毎日生け替えて生き生きしていました。閉園前にその準備でした。

 長府毛利邸⑤

 長府毛利邸⑧

 長府毛利邸④

茶室 『淵黙庵』がありましたが、こちらは外から眺めるだけで中には入れませんでした。
島根県津和野堀家(現在堀庭園)で明治時代に建てられ、昭和28年に原氏(下関市在住)が譲り受け、平成16年に下関市が寄贈を受けて長府毛利邸に移築・復元された。(パンフレットから抜粋)

 長府毛利邸茶室淵黙庵

やすらぎの場所として公開され意心地の良い邸宅でした。閉園時間まで寛いで見学ができました。

この後は海の見える温泉に入り、フグ尽くしのおもてなしを受けて何とも幸せな1日でした。。。
次の日は呼子でイカを食し、唐津の隆太窯を訪ね山懐の工房でゆったりとした素敵な時間を過ごし
旅の思い出は尽きませんが、身辺慌ただしく収拾が付かなくなりました。これにて納めます。。。
2014-12-11 : 山口県 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは。
立派な素敵なお屋敷ですね。
こうして公開されていて、見ることができるのはいいですね。
萩には凄く昔に行ったことがあるのですが、長府はないです。
素敵な旅でしたね♪
2014-12-12 18:44 : 静 URL : 編集
Re: こんばんは。
i-260 静 さま
こんばんは

長府毛利邸は武家屋敷らしく豪華な華やかさは有りませんが日本家屋らしい
落ち着いた佇まいが素敵でした。
明治天皇がお泊まりされたお部屋も然程大きくはありませんでした。

萩や下関には歴史を重ねて確りした思想の流れが根底に受け継がれていると
感じられ街並みにもその精神が窺える気がしました。

思いがけなく夫の友人に案内していただき思い出深い素晴らしい旅でした。

コメントをいただきまして ありがとうございました。
2014-12-12 22:48 : fumi URL : 編集
こんにちは
fumiさま、こんにちは。

初めてお邪魔いたします。
「拍手」にタップで失礼しておりました。

素敵な文章にほっこりしたり、忘れかけている物事に教えられております。
いろんな所へお出掛けのブログ記事を拝見し「ここに行ってみたい」と参考にさせて頂いております。
来春には是非、fumiさまのブログの後を追って京都へ行ってみたいと考えています。

下手なコメントしか書けませんが、時々お邪魔いたします。
2014-12-13 14:34 : etuko120 URL : 編集
Re: こんにちは
i-260 etuko120 さま
こんばんは

ご丁寧にコメントをいただきまして ありがとうございました。
何時もFacebookからの応援をいただき嬉しく存じておりました。
備忘録までにと始めたブログですが最近はそれも追いつかない状態でしたが
etuko120たちがブログをお始めに成られたので心強くなりました。
京都は何度行っても好いです。皆さまと又ご一緒できたら楽しいでしょうね。

お邪魔させていただくのを楽しみにしています。宜しくお願いいたします。
2014-12-13 22:43 : fumi URL : 編集
« next  ホーム  prev »

カレンダー

<< 06
2019
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる