FC2ブログ

もう一つの日光 憾満の路

時々訪れる日光ですが、行って見たいと思いながら未だ行けてない所が沢山あります。その一つが、憾満ケ淵でした。「1時間あれば歩いて1周できますよ」と植物園の方が教えてくださいました。

 日光植物園から含満が淵

日光植物園から何時も見ていた憾満ケ淵ですが、木が生い茂り向こう岸が見えなくなっていました。

 大日橋

憾満ケ淵には近くまで車で行けますが、日光植物園から歩いて大日橋を渡り一周する事にしました。

 大谷川

猛暑が戻った8月の下旬でしたが、大谷川の流れは激しく辺りには涼しい風が吹き渡っていました。

 熊注意

出た!「出没注意!」此処でもか・・・。気を引き締めて足を進めました。。。

 危険看板

危険は熊だけではありませんでした。集中豪雨の災害が何時何処で起きるか分かりませんものね。

 憾満の路の林

何もなければ、森林浴をしながら爽やかなか林を抜けて清々しいトレッキングです。。。

 日光高速道

その路は、何度も車で走っていた日光宇都宮道路の高速道の下にありました。「知らなかった…」

 道案内

分かりやすい一本道で、今回は間違えずに辿り着けそうです。。。
 
 憾満ケ淵への道

大樹にも石垣の苔にも歴史が感じられました。。。

 憾満の路

もう一つの日光」が此処にありました。。。          ・・・つづく・・・
2017-09-05 : 栃木県 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは。
日光の滝尾古道は姉と歩いたことがあるのですが、この憾満の路は歩いたことがないです。
熊と自然災害は怖いですが、いい感じの道ですね。
2017-09-05 17:02 : 静 URL : 編集
Re: こんにちは。
i-260 靜 さま
こんばんは
コメントをいただきまして ありがとうございました。

「もう一つの日光」は「滝尾の路」と「憾満の路」なんですね。
両方が載っている日光ウォーキングガイドマップをいただいたので
今度は滝尾古道を歩いてみたいと思っていたところでした。

憾満の路の紹介も今回は半分程度です。反対周りでしたが、この次
には「憾満ガ淵」や「並び地蔵」の様子を載せたいと思っています。
2017-09-05 23:37 : fumi URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

カレンダー

<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる