FC2ブログ

憾満ケ淵と並び地蔵

日光植物園から出発した憾満の路の散策は地図が読めない私に分かりやすい逆回りで歩きました。

 並び地蔵①

並び地蔵まで来ました。そこには崩れたお地蔵さま…。100体余りあったお地蔵さまは明治35年の大洪水で流失し、現在残っているのは74体。別名化け地蔵とか百体地蔵と呼ばれているそうです。

 並び地蔵③

並び地蔵の前に立つと辺りには不思議なパワーが漂い・・・、お祈りせずにはいられませんでした。

 並び地蔵②

並び地蔵の前が憾満ケ淵です。向こう岸の上が日光植物園です。初めてお地蔵さまを目の前に…。

 憾満ケ淵立札

「ガンマン」と思っていましたが「カンマン」が正しい様です。(写真はクリックで拡大します)

 憾満ケ淵

憾満ケ淵を流れるのは大谷川(ダイヤガワ)です。中禅寺湖からの流れで華厳の滝から続いています。

 憾満ケ淵の霊庇閣

霊庇閣は慶応3年(1654年)に建立した護摩壇。当時の建物は壊れて昭和46年に輪王寺により復元。

 憾満ケ淵の滝

対岸に小さな滝が見えました。日光植物園からの流れの様です。こちら側からの初めての眺めです。

 憾満ケ淵と並び地蔵②

今来た路を振り返りつつ並び地蔵とはお別れです。。。

 憾満ケ淵と並び地蔵①

日光植物園からでも並び地蔵のパワーを感じて、何時か近くに行ってみたいと思っていました。

 憾満ケ淵ベストショットポジション

彼処からが憾満ケ淵と並び地蔵のベストショットでしょうか…。帰り際にお見かけしたカメラマン。

 慈雲寺

並び地蔵をお参りするのは慈雲寺の門から入るのが普通でしょう。その方が心構えができそうです。

 田母沢御用邸記念公園

日光田母沢御用邸記念公園のお庭を通り抜けて、日光植物園に向かい憾満の路の散策は終了です♪
2017-09-07 : 栃木県 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
fumiさん お早うございます。

那須に住んでた時に、凄く気になっていながらとうとう訪ねるチャンスが
なかった所です。素敵な所ですね、東照宮や陽明門には皆さん行きますが
なかなか時間的に余裕がないと、憾満ヶ淵の散策は出来ないですね、
凄い数のお地蔵様見事ですね、大谷川に沿ってのお地蔵様や木々の間を
縫っての散策、気持ちも落ち着き別世界のようですね、伝わってきます。
行って見たい所のご紹介有難うございました。
2017-09-07 09:04 : hg URL : 編集
こんにちは。
お地蔵さま、たくさん並んでいますね。
パワーがありそうですものね。
憾満ケ淵、お水か綺麗ですね。
涼しげで素敵です~。
2017-09-07 17:09 : 静 URL : 編集
Re:
i-260 hg さま
こんばんは

そうなんですよね。私も気になっていながら中々訪ねられない所の
一つでした。日光植物園に行く度に思いながら行けずにおりました。

今回は、お天気にも恵まれ時間的にも余裕があったので訪ねる事が
できました。私は今回は歩いて回りましたが、直ぐ近くに駐車場が
ありますので、其処からでしたら30分程度で散策できそうです。
でも、歩くだけでは無いですものね。。。

ご紹介しきれない史跡がまだまだたくさんあります。寄れない所も
ありました。興味深く観ていたら時間は幾らあっても足りませんね。
それでも、並び地蔵だけでもお参りする価値があると思いました。

コメントをいただきまして ありがとうございました。
2017-09-07 21:11 : fumi URL : 編集
Re: こんにちは。
i-260 靜 さま
こんばんは

最初に目にしたのが崩れたお地蔵さまだったので、霊気に包まれた
ような感覚になりました。初めての体感でした。
大谷川の流れの冷気だけではなかったように思いましたが、暑い日
でしたが川岸に降りると涼しかったです。綺麗な流れでした。

コメントをいただきまして ありがとうございました。
2017-09-07 21:18 : fumi URL : 編集
« next  ホーム  prev »

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

カレンダー

<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる