FC2ブログ

大雄山最乗寺参り

箱根の旅の目的は、曹洞宗(我が家も曹洞宗)の大雄山最乗寺を参拝して坐禅の体験をする事でした。

お宿のツアーの企画に従妹と参加しました。最乗寺参道①

 最乗寺参道② マイクロバスで辿り着いたのは山また山の中。

 最乗寺三門

1394年に開山されたお寺で、永平寺、総持寺に次ぐ格式を持つそうです。ガイドさんに案内されて

 最乗寺三門から

三門を潜り石段を上りました。樹齢350〜500年の杉林は手入れされ程よく陽が差し込んでいます。

 大雄山最乗寺本堂

最乗寺の建物は殆どが火災に遭い建て替えられ、本堂は伊藤忠男氏設計で昭和の名仏教建築だとか。

 最乗寺多宝塔 最乗寺手水舎

多宝塔↑は1863年建立で寺院境内最古の建造物。手水舎は後ろから這い上がる双頭の龍の口から。

 最乗寺瑠璃門下

広大な境内で、高齢者ばかりのツアーでしたから無理のないよう緩やかな石段を選んで歩きました。

 御神殿前石段 最乗寺奥の院への石段

ところが元気な園児たちは急な階段をトントンと。奥の院はこの石段を354段ですって。全員パス!

 最乗寺御真殿

最乗寺創建の時から尽力し完成後も了庵慧明禅師を助けた道了さん(天狗に変じた)を祀っています。

 最乗寺にて紫陽花 最乗寺にて雪ノ下

長い参道(てんぐのこみち)隣の車道には紫陽花が1万本!車から眺めました。境内にも雪の下など。

 最乗寺参禅道場

境内散策の後は、いよいよ坐禅の体験です。私は初体験でした。椅子を貸してくださったので安心!

 最乗寺精進料理

高齢者向きに短時間の坐禅でしたが心身共にスッキリ!しました。その後に精進料理を頂きました。

 最乗寺天狗の下駄

次の世に行く前に良い体験でした。この世の素敵な想い出作りの旅♪ 〜花巡り〜は午後に続きます。
2019-06-28 : 神奈川県 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
座禅経験ブログ初めてで興味深く拝見しました。

緑濃き時空の中で良い経験をなさいましたね。

次の記事も楽しみにしています。
2019-06-29 07:47 : パープル URL : 編集
こんにちは。
お寺さんは緑も多くて、素敵ですね♪
紫陽花も咲いて、ユキノシタもまだ咲いていたのですね。
膝がよくないので、階段は苦手ですが、緩やかな階段ならいいですね。
座禅も正座できないので、私はできませんが、いいですね。
2019-06-29 16:23 : 静 URL : 編集
No title
fumiさん こんばんは 最乗寺に座禅を体験に行かれたのですか?
お偉いですね、私などは紅葉見物で撮影にしか行った事がありません。
今更ながら立派なお寺ですね?天狗のうちわと大きな高下駄が印象に残っています。
精進料理も又何時ものご馳走と違っていい経験をなさいましたね。
2019-06-29 16:39 : hg URL : 編集
Re:
i-260 パープル さま
こんばんは
コメントありがとうございました。

坐禅は初心者(高齢者)向きに優しく指導してくださいました。
結跏趺坐のやり方も教えてくださいましたが、できない私たちは椅子を
お借りしました。警策で打つのも手加減してくださり余り痛くなかった
です。正式にはできませんでしたが、大変良い経験でした。
2019-06-29 21:12 : fumi URL : 編集
Re: こんにちは。
i-260 静 さま
こんばんは
コメントありがとうございました。

最乗寺の参道には紫陽花がたくさん咲いていたのですが、車の中から
眺めただけで残念でした。
今回のツアーは高齢者ばかりで、緩やかなものでした。私もお座りが
できないので、申し込む時に確かめましたら椅子を貸してくださると
いうことでお願いしました。参加者6人中5人が椅子で坐禅?でした。
2019-06-29 21:18 : fumi URL : 編集
Re:
i-260 hg さま
こんばんは
コメントありがとうございました。

最乗寺の存在すら知らなかったのですが、お宿のツアーの企画に参加
させていただきました。歴史ある立派なお寺さんですね。
曹洞宗のお寺さんということで坐禅にも興味があったので良い機会と
思い申し込みました。偶々参加者全員が高齢者でした。初めてお会い
した人たちでしたが皆さまと和気藹々で愉しかったです。
2019-06-29 21:27 : fumi URL : 編集
« next  ホーム  prev »

カレンダー

<< 09
2019
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

fumi

Author:fumi
FC2ブログへようこそ!

川の流れのように
おだやかに
この身を まかせていたい・・・♪

(画像は全てサムネイルです)

Graphical Clock

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

コンパクト月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる